• 会員登録
  • ログイン
  • お気に入り物件
  • 物件閲覧履歴
中古お勧め情報

価格や立地のメリットを考えれば、中古物件はたいへんお買い得です!

中古住宅は、新築住宅に比べ金額的な割安感が、大きな魅力となっています。一般的に同じ地域で、同程度の規模であれば、3割は安いと言えるでしょう。また、ご自身が住みたいと思う地域で土地を買って家を新築するとなると、相当の自己資金が必要となり、資金的に余裕のない方には、無理が生じてしまいます。しかし、中古住宅にも対象を広げると、ご希望の物件がたいへん見つけやすくなります。

中古住宅のメリット

新築住宅に比べ、金額的にはるかに割安

当然ながら、建物の経年変化の分だけ購入することができます。売却理由が、気に入って建てたけれど仕事の関係で通勤できなくなったなどの場合であれば、良質の住宅を、車で言えば登録落ちの新古車状態で購入できるようなものですから、非常にお買い得です。

大きな家が手に入る

一般的に、土地を購入して新築住宅を建てたり、土地付きの建売住宅を買う場合は、予算が大きくなりすぎるので、土地も建物も、規模的に満足できる物件を購入することが難しい場合がございます。しかし、中古住宅であれば、金額的に割安になるため、新築よりひと回り大きな物件を手に入れるができます。その後、リフォームで対応すれば充分に満足の住宅に仕上げることが可能になります。

庭木や家具などの付属物がある

中古住宅の場合は、それまでに整備した庭園や倉庫、車庫をはじめ、室内ではインテリア、家具、電気製品なども付いている場合が多く、売却する人も運送経費や取り外し費用などを考慮して、特に要請しない場合、そのままにして行くことがよくあります。これらを利用できることも、中古物件を購入する大きなメリットの一つといえます。

実際の建物の状況から判断ができる

新築の注文住宅などは、完成をイメージでしか想像できませんが、中古住宅の場合は、現状をはっきりと確認することができます。中古物件は、ある程度年数が経っていますから、建物の基礎の状態や、設備状況なども目で見て把握した上で、最終的な判断を下すことができることも、安心して住まい探しが行う上では、大きなメリットとなります。

弊社の中古お勧め情報に関するお問い合わせ・資料請求
0120‐634‐231 【営業時間9:00〜20:00】(水曜日定休)

Page Top