「武蔵村山市の数少ない銭湯」2017年07月31日(月)
武蔵村山市は、温泉街というわけではありませんので、市内には銭湯や温泉が少ないです。その数は二か所であり、自然とその二つの施設に市民は集まります。「村山温泉 かたくりの湯」は、市内で唯一といっても過言ではない、市外からも人が訪れる人気スポットです。その理由は、天然温泉風呂の種類が豊富であることです。さらに、水着着用ゾーンが、男湯と女湯の中間にあるため、家族連れ、カップルできても楽しむことができます。料金も、大人610円とそこまで高いわけではないため、リピーターになる人が多いのです。
学園3丁目にあります「砂川湯」は、いわゆる銭湯といった造りであり、昔ながらの銭湯が楽しめます。木の板、畳、籠、マッサージチェア、扇風機、体重計など、これが銭湯だといわんばかりの雰囲気を醸し出しております。月曜日以外は営業しており、15時から23時までの営業です。市民の憩いの場として支持されており、一時期は休業しておりましたが、2016年の4月から、また営業を再開いたしました。
市内の数少ない温泉・銭湯なので、もしかすると知人や友人に偶然出くわすかもしれませんね。

タグで絞り込む

無料会員登録はこちら
※パスワードを忘れた方はこちら

Page Top